あるR(あーる)ちゃんねる

毎日の生活で出てくる「あるある」を紹介していきます! 2chでおもしろいネタを抜粋して紹介していくまとめサイトです。 こんなこと~「あるある」あんなこと~「あるある」 いっぱい笑ってストレス解消!元気に過ごしましょう♪

    遺産

    引用元: ・今までにあった修羅場を語れ【その27】

    【母の実家が資産家で祖父が亡くなった時、孫たちにも現金が渡された。その時両親からあるアドバイスが・・・】の続きを読む

    1: 孤高の旅人 ★ 2019/12/19(木) 18:13:20.05 ID:y4AnL7uU9
    知らないと大変なことに! 相続の3か月ルールって?
    2019年12月18日 20時31分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191218/k10012219631000.html?utm_int=all_side_ranking-access_003

    相続の「3か月ルール」って知っていますか?相続をするかしないかを選択できる期間、これが3か月以内だという決まりです。ただ、相続を経験した人でないとなじみがないかもしれません。実際、私の周りには「知らない」という人がかなりたくさんいましたし、かく言う私も知りませんでした。ただ、このルールを知らないと思わぬ落とし穴があるのです。(経済部記者 寺田麻美)

    ※この内容は、総合テレビ 19日午後10時からの「クローズアップ現代+」で詳しくお伝えする予定です。

    3か月以内に 選択肢が3つ

    「相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から三箇月以内に、相続について、単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない」
    「相続人」とは、遺産を受け取る側の人。ただ、相続といっても現金や貴金属、資産価値が高い不動産などプラスの財産だけではありません。借金や資産価値のない空き家といったマイナスの財産を引き継ぐ可能性もあります。

    それでは、プラスの財産だけ引き継ぐ方法はないのかといえば、残念ながらそれはありません。

    ただ、法律では相続する財産に応じて3つの方法を選択できるようになっています。

    まず「単純承認」
    借金などのマイナスの財産を含めてすべての相続財産を引き受ける方法です。

    2つ目は「相続放棄」
    家庭裁判所に「財産は一切相続しません」と申し出て相続人となることを拒否する制度です。

    3つ目は「限定承認」
    これは、プラスの財産とマイナスの財産を引き継ぎますが、マイナスの財産が想定以上に増えても、支払い義務はプラスの財産の範囲内にとどまるという制度です。財産目録などの書類を作成し、家庭裁判所に提出して手続きを進めますが、相続人が複数いるときにはすべての相続人の合意をとりつける必要があるなど労力がかかることから、あまり利用されていません。

    民法の条文では、この3つの選択をするまでの期間(熟慮期間)を「3か月以内」と定めています。

    それではこの3か月の期間、いつからスタートするのでしょうか。ここが間違えやすいのですが、相続財産を残した人(被相続人)が亡くなったときからではありません。

    条文では、「自己のために相続の開始があったことを知った時から」となっています。

    つまり、被相続人が亡くなり相続が始まったことを知ったとき。それによって自分が相続人となったことを知ったとき。この2つの条件を満たした時点から熟慮期間の3か月がスタートします。

    なぜ3か月なのか?
    親族が亡くなって慌ただしい中で、財産の中身を詳しく調べ、必要があれば書類を用意して裁判所に「放棄」や「限定承認」を申し出る。
    これを3か月以内にやるというのはなかなか大変です。

    そもそも、なぜ熟慮期間は3か月となっているのでしょうか。期限を設けた理由について、民法の教科書では、相続財産が誰のものかはっきりしないと法律関係が安定せず、利害関係者に不利益を及ぼすことになりかねないからだと説明されています。

    しかし、なぜ3か月なのかという疑問に答えるものが見つからなかったため、思い切って専門家に聞いてみました。

    大阪学院大学の松川正毅教授によると、この3か月ルールは、明治民法の条文にもあるそうで、明治民法の起草者で日本民法典の父と呼ばれる梅謙次郎がその著書「民法要義」の中でその根拠にふれているということです。

    引用元: ・【単純承認の落とし穴】知らないと大変なことに! 相続の3か月ルールって?「単純承認」「相続放棄」「限定承認」

    【【注意!!】知らないと大変なことに! 相続の3か月ルールって?「単純承認」「相続放棄」「限定承認」の落とし穴とは・・・ 】の続きを読む

    引用元: ・今までにあった修羅場を語れ【その27】

    【祖父は相当な資産家で、孫の私も多くの現金を「結婚する時、このお金のことは絶対に言うな」という遺言で・・・→その言葉の重みを知る時がきた・・・】の続きを読む

    【義父の遺産として田舎の一軒家を相続。開発が進んで思いがけない⁂金額⁂に・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ